エロと風俗をクソ真面目に学問する。

 マニアック、フェチシズム、その他の専門的欲求の果てしなき追求。風俗・エロ・アダルト業界のニッチな欲望を分類・網羅し続ける。
 テーマは「エロによる人間の○○」である。詳しくはコンセプトページにあります。

【リンクサイト様更新情報】
Powered By 画RSS
Powered By 画RSS
コンセプト

性的欲望分類

風俗設計オーダーシート
▼コンテンツおよび更新内容▼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運営者情報

■屋号 自由風俗.com

■設立 2009年11月

■代表者 平田龍二

■連絡先 コチラのフォームへどうぞ。

■Google+


■取引先銀行 ジャパンネット銀行

■活動内容
情報サイトの運営
風俗情報の仲介
インターネットコンサルティング

■提携先
株式会社ウェブロジック
株式会社デジロック
Hostgator.com
THOMAS OF JAPAN,INC.
FC2,inc

コンタクト・お問い合わせ


携帯電話はコチラから






メールアドレス


コンタクト・お問い合わせの内容





私の略歴

 思いっきり簡単にですが、私の略歴を書かせていただいてもよろしいでしょうか?


私です 埼玉は蕨市で生まれ、すぐに新潟の実家へ引っ越し。以来16年ほど連続で実家で過ごす。

 図書室が大好きな少年だった。どちらかというと泣き虫だったかもしれない。運動は大の苦手で、スキーの授業などは理由をつけてサボってばかりいた。

 たぶん11歳くらいのときに父親が失踪。

 様々な意味でトラブルメーカーだったため、あとはパニック障害にかかったために高校中退。仕事やアルバイトを転々とする。若さに任せて仕事を辞めまくった結果、転職回数は50回は下らない。

 20歳を少し過ぎたあたりで童貞喪失。詳しくは覚えていないし、話したくもねえ。

 好きだった英語を仕事をするために独学。医学翻訳の職に就く。ところが一生涯できる仕事ではないことに遅まきながら気づき、英語を生かしたビジネスを始める。具体的には、海外のソフトウェアを日本語環境で使えるようにして販売するというもの。マーケティングについても集客と言う概念も知らないまま、つまりビジネスの「ビ」の字も知らないままに始めたため、当然ながら大失敗する(笑)。

 借金をてっとり早く返済する目的で風俗業界へ飛び込む。切り詰めた食費と家賃以外は全て返済にまわし、2年で完済する。初めてビジネスの根本的な概念を身を持って学んだ。関連本も山ほど読んだ。尊敬できる先輩にも出会えた。多くの人が敬遠するエロ業界に入ってから初めて人生が正しい方向へ向かい始めた。

 順調に昇進し、「店をやってみないか」というオファーも受けた。が、どうせ当たり前から外れた人生なので、当たり前じゃないものを突き詰めることにした。そしてこのサイトを運営している。

 三十路も超えた今現在がこれまでの人生でいちばん自由であり、いちばん楽しく生活できている。人並みにいろいろあって良かったと思う。


 こんな感じです。どうも失礼いたしました。

Top

コンセプト

性的欲望分類

風俗設計オーダーシート
【リンクサイト様更新情報】
Powered By 画RSS
Powered By 画RSS

(クリックで下部に移動)

手 (2)
耳 (3)
SM (8)
OL (6)
汗 (5)
母 (3)
妹 (4)
式 (3)

TOP

私です
性別:異性愛者の男性
外見:かなり若く見られるし、実際に精神年齢は低い
血液型:A型に見られるO型
趣味:PC、散策、寝ること
得意料理:卵かけごはん、即席味噌汁
小さな夢:厚い胸板
プチ自慢:禁煙に成功、両手がマスカケ



・さらなる運営者情報はコチラへ。
・ご意見、お問い合わせ、もしくは単にコンタクトを取りたい方はコチラのフォームからどうぞ。
・相互リンクを歓迎します。上のフォームからご連絡くださいませ。

TOP

・風俗店情報は東京都を中心とする関東限定となっております。
・当サイトのリンクをクリックしても、管理人には利益は一切発生しません。アフィリエイトや営業とは一切関係ございません。
・当サイトは著作権侵害を意図するものではありません。運営上もしくは法律面で問題がおありでしたらご連絡ください。迅速に対処させていただきます。
・リンク先には期待を裏切らない内容があることを前提としていますが、広告や騙しリンクについては監督しきれません。ご了承くださいませ。
・リンク集を作る理由についてはコチラへどうぞ。
・検索リンク集についてはコチラをお読みください。

TOP

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。